名古屋市緑区・大高小学校・大高北小学校区の学童保育所です このエントリーをはてなブックマークに追加



父母の方へ ・・・「父母会」について

運営主体は運営委員会ですが、実質的な担い手は父母会です。

定例父母会は原則として、毎月第1金曜日の午後8時から行っています。
父母会では、保育などに関する話題を中心に運営の充実を図るための話し合いを行っています。
父母会には、1世帯1名の出席をお願いしています。

支援員(指導員)は、子ども達の先生でありかつ私たちの仲間です。

支援員体制の充実を計り、保育内容の維持と質の向上に努めています。
父母は毎週土曜日(夏休みを含む)に「保育当番(3.5H)」を担当します。
父母は支援員と共に、保育行事などの際に「保育協力」を行います。
父母は「保育当番」「保育協力」を通じて、子ども達・支援員とのコミュニケーションを深めています。

その他

父母相互の協力関係を密にして、父母同士も楽しい仲間づくりに努めています。
年間行事は諸準備を含めて、全ての世帯が関わる事を目指します。
広い視点から展望をもって、関連する学童保育との協力関係を大切にしていきます。
施設補修と周辺地域の清掃について、年2回実施しています。

 It takes a village to raise a child.

 当クラブは、「イオンモール大高」様の「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」に、参加させていただいています。結果として、この間いくつかの備品を寄贈していただきました。イオン株式会社様とご参加いただいた地域の皆様方にたいしまして、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 わたしたちは、「子どもたちは地域社会のなかで育つ」と考えています。決して、「学童保育所」という狭い空間だけで生活している訳ではありません。アフリカの古いことわざに、「子どもをひとり育てるためには、村人全員が必要だ(It takes a village to raise a child)」という言葉があるそうです。現代日本社会、とりわけ都市部における子育ては、そのような理想とはほど遠い現状ですが、ちょっとずつでも頭におきながら子育てをしていきたいと考えています。今後とも、「大高学童クラブ」をはじめ、地域の学童保育所をよろしくお願い致します。私たちも、学童を利用されていない子どもたちにも常日頃から、できる限りの目配せをしていきたいと考えています。